読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物欲溢れるメカニケ使い-ひろしま腕時計の旅-

人生、生かされるものじゃない、生きるもの。自分を見失わない様にね。

【最終章】山陰地方へドロップキック!-縁結びの国、島根県!そこに湧き出る日本のテルマエを目指して-〜2日目編






そういや先月、土日の昼しか店を開けてないラーメン屋に行きまして、その店の看板メニューでもある三代目の店主が作る"豚系ラーメン"なる物を食べに行ったわけですよ



f:id:np_lapin:20160605205430j:image


車一台やっと通れるようなほっそい路地を懸命に走り



f:id:np_lapin:20160605205522j:image


昼しかやっていないラーメン屋"たちばな"に到着したわけです


わざわざラーメン一杯の為にググって、グーグルマップで道を理解し、そもそも土日の昼と言う中途半端な時間帯にわざわざ予定を空けて出陣した訳です


期待もマックスです


席に着きますよ


メニュー表を探す


壁にメニュー表が貼ってある!


左から右へ3枚貼られたメニュー表


真ん中はどうやら製法の様だ、、、ドレドレ


豚系ラーメンとは健康に優し目な製法で醤油を使っており云々と…


ほうほう


なーるほどぅ


右に目をやる


"醤油ラーメン"と記載してある(実はこの時、左にあるメニュー表が光に反射して存在に気付いていない)


俺「すみませーん!醤油ラーメン大盛り下さい!」


これが全ての間違いだった


そりゃ、豚系ラーメンなんか来るはずがない


ラーメンが届く



f:id:np_lapin:20160605210216j:image


紛れもなく、来たのは醤油ラーメンなのだ


店内の隅々まで確認せず、たまたま見た製法に醤油と記載されていたからといって、店での名前は醤油ラーメンなんだと勘違いした俺がバカだった


店は何も悪くない


俺は食べた


スタートでスープを何度も飲んだ


頭の中は豚系ラーメン


でも舌触りは間違いなく醤油ラーメン


どこにも豚らしさがない


強いて言うならチャーシュー、いや、それはどこも一緒だ


5分間悩んだ挙句、左のメニュー表の存在に気付いた訳です


そろそろ言わせて下さいよ


「「「俺は何をしに来たんだ」」」と!!!!!(笑)


と、まぁショックを受けたんだけれども、醤油ラーメンがマズかった訳じゃない(笑)


割と辛口でスープが麺によく絡み、とっても美味しく頂けた


また今度時間作れたら行くけ、そんときレポさせてくだせぇな(笑)


と、まぁ俺の叶わぬ努力を吐かさせてもらいました(笑)


さーて、本題


夜に勇気ある決断をし惨敗した我々ご一行(マッサージ)


深い眠りにつき、意外と朝早くから目が覚めて朝風呂を浴びた



f:id:np_lapin:20160605211057j:image


良い天気だぁ


しかし風は一向に止まず…


あっさめーーーーし!



f:id:np_lapin:20160605211157j:image


かなり種類あって超旨い


想定以上の旨さにビビった(笑)


右の皿の真ん中にビーフシチューがあるけども、このビーフシチューの中に赤ワインがこれでもかと注がれていたw


食っても食っても赤ワインなのよw


今旅怒涛のワインラッシュ


俺たち、ゆとりのルネサンスになれたんじゃないかと思った


しっかり腹を太らせた後、世話になった旅館"玉泉"ともお別れ


素晴らしいおもてなしだった


ありがとう


山の方にある玉作湯神社と言う所を目指して川沿いを歩く


道中所々、玉造に関する昔話を像にした作り物が置いてあって、その前にこんな物が置かれてている



f:id:np_lapin:20160605211814j:image


言うまでもない、カメラスタンドである!


俺はこの旅で一番関心したのがココである


素晴らしい気遣いだなぁと思った


ちなみに前の方に凹みがあって、スマホを挿せれる様になってる


デジカメに限らなくても名所名所で撮影する事が可能だ


スイーツな店があったので寄り道


f:id:np_lapin:20160605215526j:image



f:id:np_lapin:20160605212059j:image


たまつくプリンつって、玄米を高圧縮させて作り上げるプリン


正直、聞いた時はスイーツなのか?と疑問でしか無かった



f:id:np_lapin:20160605212207j:image


食ってみると、味は焼きプリン!


超旨いわ


全然玄米っぽさが無くて、甘くて美味しい


また、玉造は美肌効果のある物を取り扱っている店が多く、この店も肌に良い物しか取り扱ってない


これで、俺も肌男です!ギランッ!


玉作湯神社まで後少し!


目の前まで行くと、川に架かる赤い橋と遭遇する


これは、恋叶い橋といって、名前だけ聞くと後は説明のいらない橋


説明するとしたら、この橋の上に立って玉作湯神社の鳥居と一緒に写ると橋の名前の様になるんだとかだとかだとか…



f:id:np_lapin:20160605212625j:image


そらもう、全力で写るよな(笑)


別に恋なんかしちゃいないが、恋というピリオドの向こうに行けたらと切!実!に!願!っ!て!み!た!ん!だ!(うわ、、、超キモいブースト発動)


とまぁ、ここまで来ると分かるように、玉造温泉は男がズカズカ攻める所じゃなくて、女子が儚い恋心を叶えにいくために来る様な場所なのである


スイーツパラダイスに男軍団が行く様なものである


そんな恥じらいを恋叶い橋から川へ放り投げ、ようやく玉作湯神社へ到着する


ここでは、定められた手順に沿ってお参りをすると、最終的に願い事が叶うとされるパワースポット



f:id:np_lapin:20160605213234j:image


これがその手順表


さてさてこれから、我々が頑張って参った画像と共に手順を紹介しよう


其の一

f:id:np_lapin:20160605213448j:image



社務所で叶い石と願い札を購入し、神社を目指す
鳥居を潜る時の一礼は忘れずに


其の二

f:id:np_lapin:20160605213647j:image


境内の手水舎で、両手・お口をお清め


其の三

f:id:np_lapin:20160605213822j:image


パワーを授かる前に拝殿にて一礼


其の四!

f:id:np_lapin:20160605213901j:image


願い石の下から流れる御神水で、先ほど社務所でもらった叶い石を清め


f:id:np_lapin:20160605214102j:image


叶い石を願い石に直接触れさせパワーを頂く
この時に願いを心の中で唱える事を忘れずに


其の五

f:id:np_lapin:20160605214246j:image


願い札に願い事(2枚複写式)等書き札入れn…うわっ!!!!!


書き終わった途端、連日続く強風に願い札が吹き飛ばされ、追いかける始末wwwwwwwww


ここまで苦労して参拝して見逃す訳には行かない!


願い札と俺とのカーチェイス


高校時代の俺顔負けの走りで境内を走り回り、見事願い札検挙!(傍から見ると相当な行儀の悪さw)


検挙した願い札の一枚を札入れに入れ、もう一枚の願い札と願い石をお守り袋に入れたとさ…


ほいで、見てくれ俺の叶い石をw

f:id:np_lapin:20160605214750j:image


他のは普通の石が入っとるんやけど、俺のはピンクでハート型wwwwww


願った事は読者各個人、ご想像にお任せするが、こんな石が入っとったら、そりゃもう、、、


と、とてつもないパワーを授かった後は最後に玉造温泉でひとっ風呂!


さっきたまつくプリンを買った所の店の人に、玉造温泉イチオシの温泉を聞いた所、長生閣という旅館の風呂が最高らしい



f:id:np_lapin:20160605220034j:image


メノウと言う石が敷き詰められた室内



f:id:np_lapin:20160605220216j:image


絶景の露天風呂!!!!



これは最高だった



露天風呂で一番入り応えある風呂だった



大満足



f:id:np_lapin:20160605220316j:image


最後に抹茶と和菓子をサービスしてくれるおもてなしっぷり



玉造温泉にいる方々は素敵な人が沢山いた



最後に玉造温泉街に佇むテイクアウト制のお店で、野菜と果物とジュースが合体した、"ベジフルージュ"なるスイーツを堪能



f:id:np_lapin:20160605220653j:image


俺は、ほうれん草とバナナが入ったバナナフルージュを注文!


当方、ここで言ったことがあるかは分からないが、大のフルーツ嫌いなのだ


全部が絶対に食べれない訳ではないが、極力食べたくない変な奴


普通に手にとって食うのが梨くらいと言う異常っぷり


今回頼んだバナナも、日頃そんなに好んでいないのだ…


とは言え、思い出作りもあるので、ここは飲む!


これまた、うめーんだわ(笑)(笑)(笑)


ほのかに野菜感はあるものの、甘味が勝っているので簡単に完飲できる


フルーツ嫌いの俺でもいけますた!


オヌヌメです!


そんな玉造の旅もそろそろお別れ


滅多に出来ない長旅も、色々な事に挑戦出来て一生の思い出にする事が出来た


そう言えば、玉作湯神社でした願い事は叶うと叶い石と願い札を御返納しなければいけない


Twitter等で玉造温泉にいる様だったら、願ったんだと思っといてや


f:id:np_lapin:20160605221400j:image

f:id:np_lapin:20160605221411j:image


有難う玉造温泉


また必ず行くわ



f:id:np_lapin:20160605221441j:image


帰りは宮島SAにある本格的なスタバに寄って、フラペチーノを吸引力の変わらないただ一つの掃除機ダイソンバリに!ジュルルルルルギュイイイイィィィンンンン


f:id:np_lapin:20160605221540j:image


SAにこんな本格的なスタバがあるの珍しいよね(笑)


是非、皆さん長期休暇の際はパワー授かりに玉造温泉へ!


ほいじゃ、バイバイ